ロゴ
HOME>特集>時期が早いほど有利【矯正歯科治療を始めるのに最適なタイミング】

時期が早いほど有利【矯正歯科治療を始めるのに最適なタイミング】

歯科矯正

大人と子供の矯正治療は異なる

歯並びや嚙み合わせの不具合などは、見た目がコンプレックスになったり、肩凝りや頭痛の原因になったりすることがありますよね。その不快な症状を改善するためには、歯の矯正をすることをお勧めします。実際の矯正の治療法はと言うと、大人の場合は歯の表側に装具を取り付け、時間をかけてゆっくりと歯を移動させます。人によっては歯の裏側に装具を取り付ける場合もあり、歯の状態に合わせて治療を行います。子供の場合は、乳歯や永久歯が全て揃っていない6歳くらいから小学校低学年と、永久歯が全て揃った小学校高学年以降と、年齢によって治療法が異なります。大人は時間もかかりますが、日進市には大人の矯正治療を行っている歯科医院もたくさんあるので、一度相談をしてみてはいかがでしょうか。

歯型

子供のうちに矯正を始めるメリット

子供の歯の矯正治療では、永久歯がまだ生え揃っていない場合は、顎を矯正する装具を付け、バランスの取れた顎に整え永久歯がきれに生えるサポートをします。マウスピースを使用する場合もあり、こちらは就寝時などでの治療となりますので負担も軽いです。永久歯が全て生え揃った子供は、大人の治療法と同じく、歯に矯正装具を付けて治療を行います。大人は治療時に抜歯を行う場合がりますが、子供ではその必要も少なく、成長期の顎が整えられるというメリットもあります。ですので、歯の矯正を行う場合は、子供のうちに行う方が大人になってから治療が必要になっても、短時間で済ませることができる利点にも繋がります。きれいな歯並びは、見た目の美しさだけではなく、体のバランスを整えたり、咀嚼しやすくなったりなどの利点もあり、結果的には健康にもつながるものです。歯科医院は子供が恐がることもありますが、日進市には、子供も安心して楽しく通院できる歯科医院もあり、痛くない治療を受けることも可能です。